ブログ

メニュー

お知らせ

肌トラブル

投稿日:

こんにちは。

ジメジメとはっきりしないお天気が続きますね・・・

今年は、コロナウィルスの影響もありマスクの着用が日常になっています。

湿気のあるこの時期は、息苦しくて大変ですよね・・・

最近、よく耳にするのがマスクによる肌トラブルです。

①雑菌の繁殖

咳やクシャミ、会話をする事でだ唾液に含まれる雑菌が繁殖してしまいます。また、雑菌の繁殖がマスクの臭う原因にもなります。

マスクと顔の間にガーゼを挟む

ガーゼが呼気により排出された水分を吸い取るのでマスク内側の湿度が下がりムレにくくなります。

また、不織布マスクは定期的に換気をしないとムレやすく雑菌も繁殖しやすくなります。午後と午後などで定期的に取り替えると良いです。

②マスクを外した後の乾燥

マスクを着用している間は呼気中の水蒸気によって湿度が保たれ保湿効果を感じますが、マスクを外すと外気の湿度が低い為、肌に付着していた水分が一気に蒸発してしまいます。この時、肌の角質層の水分まで一緒に持っていってしまい、肌が乾燥する原因に・・・

使用前後のスキンケア

マスクの使用前後に肌を保湿する事で肌トラブルを防ぐ事が出来ます。朝と晩、日中のメイク直しのときに化粧水をたっぷりとつけて保湿してあげると肌トラブルを防ぐことに繋がります。

③肌の摩擦

マスクと肌の摩擦も肌トラブルの原因です。
マスク繊維と肌の摩擦による刺激で肌のバリア機能が低下してしまう事で起こります。

マスクは、自分に合うサイズを選ぶ
マスクの紐は太めを選ぶとマスクが動きづらく、ずれにくくなるので肌との摩擦も起きにくくなります。

④マスクの素材が合わない

マスクは、ガーゼと不織布が使われているものが殆どで、この素材が合わないと肌トラブルの原因になってしまいます。

不織布のマスクには樹脂を接着剤に使っていますが、これが肌に合わず肌トラブルを起こしてしまう事もあります。
マスクによっては抗ウイルス・防カビを目的として抗菌剤を使っていてこの抗菌剤がアレルギー反応を起こす原因となる事もあります。

マスクは肌に優しい素材を選ぶ

一般的に、肌に優しく肌トラブルを起こしにくいとされるのはガーゼ素材のマスクです。何度も洗って繰り返し使えて、常に清潔な状態で使用できるメリットもあります。不燃布マスクにも様々なタイプがあり、「シルク配合」や「敏感肌用」といったものもあります。

 

暑い夏は特に、ムレなどから肌トラブルも起こりやすくなります。暫くマスクとも上手く付き合っていかなくてはなりません・・・

マスクの素材や取り扱い等を再確認してみるのも肌トラブルの防止に繋がりますのでもう一度確認してみて下さいね。

-お知らせ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ページ先頭へ