ブログ

メニュー

ご予約状況 スタッフの独り言

本格的な夏が到来です。

投稿日:

不安定な天候が続いていましたが、気象庁の発表により、全国的な「梅雨明け宣言」
が出ましたね・・・・それと同時に気温が上昇して、慣れていない身体には堪える
「猛暑」となっていますが、お身体の方は大丈夫でしょうか?

ご自分の事なので、水分補給や日焼け対策など、十分に注意していると思いますが、
「身体」以外の事も考えて夏の暑さ対策していますか? 今回は「車」について
少しだけ話を書き込みます。関係ないですけど、ご参考に・・・

自分の意志で、暑ければ水を飲んだり、日陰に入ったり、エアコンの効いた屋内
に退避できるのは人間であれば当然のようにできますが、車はどうでしょうか?
エンジンを冷やすために必要な「冷却水」の補充は、自動的にはされません。
駐車場のような日差しの強い屋外に長時間放置された車は、エンジン内部も含め
想像以上に温度が蓄積されて高温になってしまいます。その蓄積された熱によって、
冷却水も蒸発して、規定量を下回るほどに減ってしまう事があるんです。

そうなると、エンジンを冷やすことが出来なくなって、更に高熱を帯びて故障に
つながる恐れがあります。 その一つが「配線の劣化」です。

様々な電気系統が組み込まれている車には、人間でいうところの血管にあたる
電気配線が車の中の至る場所を通っています。エンジンをかける際にもバッテリー
からの電力を使ってプラグを点火、ガソリンを燃焼させているわけです。なので、
その配線が熱によって溶けたり、結合部分が溶けて通電しなくなってしまうと
エンジンはかからないのです。 現代の車では、その対策は十分に考えられた設計
になっていると思いますが、エアコンの送風を「強」にした状態でキーを回すと、
急激な電圧で負担がショートしたり発火の恐れもあります。

お身体の夏対策は、当たり前のようにできますが、車の夏対策は疎かになりがち。
快適な夏を満喫するためにも、エアコンを使用する時には送風のスイッチを一度
オフにしてからエンジンをスタート。まめに冷却水をチェックすることを忘れずに
行楽地へ向かってくださいね。

身体同様に車もメンテナスを欠かさなければ、快適な状態で動いてくれますので、
大事になさってくださいませ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日のご予約に空きがございます。
ぜひお疲れを癒しに、お電話、ご来店、お待ちしております。

本日のスタッフ

【男性スタッフ】◎宮川

【女性スタッフ】◎河本

-ご予約状況, スタッフの独り言
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ページ先頭へ